【経験談】レバテック フリーランスの評判【最短14日で案件獲得】

Webデザイナー・Webディレクターの方で、独立を考えているけど、レバテック フリーランスってどうなのかな??案件や単価、契約の所まで、どういった流れで進むのだろうか?評判も含めて、レバテック フリーランスの事が気になる。

そんな疑問に、フリーランス歴7年目の経験談としてレバテック フリーランス経由で、案件獲得までの流れをメリット・デメリットを踏まえて解説出来ればと思います。結論として、レバテック フリーランスは、業界最短15日で支払いがされて、高単価案件が多く、早くて14日以内に案件確定します。

この記事を書いている編集者のプロフィール


Webディレクター / マーケッター / デザイナー / 株式会社StartupMarketing 代表
東後 哲郎(とうご てつろう)

1987年宮崎県生まれ。デザイン学校を卒業後、3年Webデザイナーを経験、イギリス·オーストラリアにてデザイナーとして活動。Webデザイナーから大手上場企業の新規事業立ち上げのマーケッターに転職。マーケッターを3年経験後、2016年4月からフリーランスとして活動。 →詳しいプロフィールや経歴はこちら

この記事で分かること

レバテックフリーランスの特徴とは?

レバテック フリーランスは、WebデザイナーとWebディレクターのフリーランスをしたい人向けに案件をご紹介して頂けるWebクリエイター専門のエージェントになります。

レバテックフリーランスの基本情報

会社の規模間:グループ全体で1000名以上
手数料(マージン):非公開
支払いサイト: 15日(月末締め翌月15日支払い)
WebデザイナーとWebディレクターの取扱い案件数豊富
平均単価:71.5万円
最高単価:125万円
平均年収:862万
面談:オンライン面談
対応エリア・地域:東京・神奈川・埼玉・千葉・大阪・兵庫・京都・愛知・福岡

レバテック フリーランス」は、フリーランスのエージェントの中で1番実績が大きい会社であり、かつWebディレクターの案件を取り扱っている数が1番多い会社です。私も独立する前の会社員の所に一番最初に登録致しました。実際にレバテックさんから紹介を受けて、参画実績もあります。

レバテック フリーランスでは現在オンラインカウンセリングが実施してありますので、サクっと予約をして、面談を受けて、自分の相場金額とどれぐらいマッチする案件があるか確認して見ましょう。

オンライン面談の登録をコチラから

実体験を通して、レバテックフリーランスの8つのメリットと2つのデメリット

レバテック フリーランスに登録をする事で、独立前に案件やクライアントとのツテやコネがなくても、独立する事が出来ます。正社員時代から登録をして、あてを見つけた段階で独立をする事が理想的です。ここでは活用でメリット・デメリットをご説明していきます。

メリット1.WebデザイナーとWebディレクターの案件取扱い数が豊富で高単価案件が多い

私も数年前にWebデザイナーで登録をして、現在Webディレクターをしておりますが、案件の取扱い数が他エージェントと比べて圧倒的に豊富です。数が多い為、自分の得意な業種とジャンルを選定する事が出来ます。

数が多く、レバテック フリーランス経由で常駐している人も多い為、高単価の案件も多くあります。フリーランスの中に入った人が、単価交渉をして、上限の金額を上げている事が多いのか、上限金額の幅が高いです。

また案件の取扱い数が豊富な為、スキル特化型の高単価案件も数多くあります。

メリット2.支払いサイトが15日と業界で一番早い

フリーランスになると、支払いサイトという考え方があり、当月で業務完了して請求書を発行すると、何日後に支払いがあるのか?を支払いサイトと呼びます。

その支払いサイトがレバテック フリーランスだと、業界で1番早い15日サイトになります。

小規模のエージェントになると、支払いサイトが60日もザラにあります。

私は独立当初60日サイトで、結構苦しくなりましたので、出来るだけ支払いサイトは早い会社が良いです。

メリット3.個人事業主だと直接契約が難しい。契約書や請求書など全ての契約系をレバテック フリーランスで作成をしてくれる

初めての独立の際には、契約書や請求書など自分で作成しなければなりません。また、個人事業主だと会社との契約がNGの所も多々あります。そういった背景から、レバテック フリーランスだと、契約書から請求書、商談のアポイントまで全てを行なってくれます。何から手を付けたらいいか分からない状況で大変助かります。

メリット4.【最短14日】登録から、案件紹介・商談・案件確定までが断トツに早い

登録後から案件紹介〜商談までがとにかくスピード早いです。会社全体でスピードにこだわっているんだと思います。案件の紹介がきた時に、合わせて興味があれば商談設定しておりますが、ご一緒にいかがですか?のやりとりが私はありました。それぐらいスピード間が早い会社です。早い場合、14日間に案件確定します。

メリット5.案件アサイン後に定期的に担当の方と面談。合わない内容や条件面が合ったら、報告をして調整

案件アサイン後も、1ヶ月に1回、慣れてきたら数ヶ月に1回などの面談などを定期的に行います。現場が合わない内容でしたり、当初の責任領域から大きく変わったなどありましたら、担当者と会話をして、報酬や条件面の相談をして交渉して頂くことが可能です。

メリット6.独立前に案件やクライアントとのツテやコネがなくても、登録して紹介を受ける事ができる。

正社員時代の独立前から登録をする事が出来ます。自分でゼロから案件を見つけずに、私は、正社員時代から登録をしておき、自分の需要や案件を確認してから、正社員を退職致しました。正社員時代から余裕を持って、独立の準備ができる事は凄く理想ですね。

メリット7.福利厚生で「福利厚生倶楽部」が付いている

スポーツクラブや施設系が安くなる為、私は何か登録をする度に、こちらを確認して割引適用するか確認をしております。スポーツクラブや温泉施設などのスポットで活用致しました。福利厚生サービスもフリーランスにとっては、大きいメリットになります。

以上が7つのメリットになりまして、ここからは、2つのデメリットになります。

デメリット1.週5日の案件が多い為、週3日などの案件はほとんどない

週2日〜3日で働きたい場合などには、レバテック フリーランスは合わないです。ほとんどの案件が週5日になります。半年程週5日でアサインをして担当者と相談しながら、週3日に相談する事は可能だと思います。週3日を希望の方は、こちらの「【14日で独立】Webディレクターのフリーランス専門エージェント3社を徹底比較」にて取り扱いのエージェントを徹底比較しております。

デメリット2.マージン率は公開されていないが相場の10%〜20%程度

レバテック フリーランスは、マージン率は非公開になります。ですが、業界の相場が10%〜20%です。単価自体を高くして、アサインすれば、特に問題ない手数料です。

【経験談】レバテック フリーランス経由からの登録から案件獲得から報酬までの流れ

Step①:メールで登録。履歴書とスキルシートを送付

まずは、メールで登録を行い、現在持っているスキルシートもしくは職務経歴書を送ります。スキルシート(職務経歴書)は最新版でなくて、現在お持ちの内容にて大丈夫です。登録後に後で変更をする事は可能です。

Step②:エージェントのご担当の方と面談。今はリモート面談があります。

ご担当者からご連絡がくる為、自分のスキルや希望条件などをご報告しながら、面談を行います。出来るだけ、自分の希望条件はご伝達をしましょう。現在はコロナ中ですので、リモートでの面談がございます。お昼休み時間をずらして、サクッと1時間で面談出来ます。

Step③:クライアントと商談〜案件紹介

面談後に、ご担当者から案件のご紹介が1〜10件程きます。自分の条件に沿って選定をして、希望する案件をご担当者にご連絡します。

Step④:案件確定

ご連絡後、商談日が決まりましたら、クライアントと面談になります。1つの商談でなく、出来るだけ3つの商談を走らせながら、全て契約を頂き、最後の調整にて価格を上げる事ができるようにしましょう。

案件確定後、契約書などは全てレバテック フリーランスの方で作成してくれますので、基本的には、送られてきた条件を確認して、サインするだけで、何も作成する必要性はございません。

Step⑤:翌月の15日に、報酬が自分の銀行口座に入金

実際に案件獲得後、業務を行い、業務を行なった月に、レバテック フリーランスのサービスのクラウドで請求書発行を行い、翌月の15日に口座に入金されます。クラウドで請求書発行が出来、自分で請求書のフォーマットを作る必要性もございません。楽です。

結論とまとめ:フリーランスのエージェントは多数ありますが、「レバテック フリーランス」が断トツにおすすめ。

以上が私の実体験を通して、レバテック フリーランスでのメリット・デメリットになります。特にデメリットはほとんどなく、メリットが多いです。

「レバテック フリーランス」に正社員時代に登録をして、独立の準備を事前にすべき

正社員時代から独立を考えている方は、一度「レバテック フリーランス」にてオンライン面談をして、自分が独立をしたらどれぐらい年収が上がるのか?の需要確認から行うことをおすすめします。私も正社員時代に、登録を行い、需要があり、年収も大幅に上がる事を確認して、退職を行いました。正社員時代から準備が出来る事はおすすめです。

まずは、「レバテック フリーランス」にてオンライン面談の予約をする

週2日〜3日の案件を希望の方は、こちらの「【14日で独立】Webディレクターのフリーランス専門エージェント3社を徹底比較」をどうぞ。

また私の独立して7年間の実体験を失敗を踏めてまとめた「【実体験】Webディレクターがフリーランス(独立)で失敗しない11の真実」になります。よろしかったらこちらも合わせてどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。