【実体験】Webディレクターが転職で失敗しない為の8の真実【徹底解説】

Webディレクターの転職活動は何から行えばよいのだろうか?優良求人の見つけ方は?ポートフォリオはどうやって作ればいいのだろうか?Webディレクターの年収相場はどれぐらいだろうか?Webディレクターがキャリアアップする為には何をしたら良いだろうか?

こういった、Webディレクターの転職活動の疑問に対して、現役Webディレクターが転職を実体験を踏まえた上で、ご説明をしていきます。

この記事を書いている編集者のプロフィール


Webディレクター / マーケッター / デザイナー / 株式会社StartupMarketing 代表
東後 哲郎(とうご てつろう)

1987年宮崎県生まれ。デザイン学校を卒業後、3年Webデザイナーを経験、イギリス·オーストラリアにてデザイナーとして活動。Webデザイナーから大手上場企業の新規事業立ち上げのマーケッターに転職。マーケッターを3年経験後、2016年4月からフリーランスとして活動。 →詳しいプロフィールや経歴はこちら

この記事で分かること

①Webディレクターが転職する為の優良求人の見つけ方

Webディレクターが優良求人を探す上で、外せないのが、転職エージェントです。ハローワークやネットで自分で優良求人を見つける事は、難易度が高いです。また、個人で求人応募をすると、年収交渉がしずらい為、必ず専門のエージェントをつける事をおすすめします。

Webディレクターに強い転職エージェントでは、自分に合った優良企業が見つけやい

こちらの記事では、Webディレクターの取り扱いが多く、より専門的なエージェントをピックアップしました。

②Webディレクターの転職活動を成功に導き出すポートフォリオの作り方

Webディレクターも転職活動をする時に、ポートフォリオの作成は必須になります。

理由としては、書類通過をさせやすくする事と、採用担当者に魅力的に見てもらい、他のWebディレクターと差別化を行う為です。

Webディレクターのポートフォリオの作り方で年収アップする

こちらの記事では、私が今でも使用しているポートフォリオを元に作り方を分解してご説明しております。

③Webディレクターの年収平均はどれぐらい?年収アップする為には?

Webディレクターの年収は経験やキャリアによって、どれぐらいになるのだろうか?世の中の平均年収を知りたい。Webディレクターが年収アップするには、どんなスキルを身に付けて、どうキャリアアップしたらいいのだろうか??

実体験を通して、Webディレクターが年収を上げながら、独立前提で転職をすべき

平均年収の結論として、世の中のWebディレクターの平均は500万前後になります。もっと上を狙うに必要なスキルは要件定義やPM周りの内容を実体験を通して作成致しました。

④Webディレクターの転職先は「リモートワーク可」をおすすめします。

働き方を出来るだけ、出勤ではなくリモートワークにしたい。電車に乗りたくない。移動時間を圧縮して自分の時間を作る為には、リモートワークをおすすめします。

Webディレクターはやりとりが多い職業になる為、リモート環境でもうまくまわるのか?

完全リモートワークにした実体験の7つのメリットをお伝え致します。

⑤Webディレクターの転職では、大企業とベンチャー、どちらがキャリアアップになるだろうか?

Webディレクターのキャリアを考えると、大企業とベンチャーだとどちらがスキルアップになって、どちらがキャリアアップと年収アップになるか?ですが、私の実体験ですとベンチャーをおすすめします。

Webディレクターはベンチャー企業に転職した方がキャリアアップしやすい

⑥Webディレクターのキャリアアップする為のスキル磨き方

Webディレクターは、現場でどんなスキルが求められるのだろうか⁇どうやってスキルの学習をしたらいいのか⁇Webディレクターに資格や免許は必要なのか⁇2021年のトレンドで求められるスキルはなんだろうか?

Webディレクターに求められるスキルとスキルアップに役立つ本のご紹介

Webディレクターのスキルは多種多様になり、実体験を通しての学習方法を徹底紹介

⑦Webディレクターの将来性・キャリアはどうなのだろうか?

Webディレクターを目指したい方で、Webディレクターの将来性ってあるのかな?現在は他業種で働いているけど、、、Webディレクターという職業が気になる…。しかし、IT業界はAIでの自動化が多そうなイメージがありますが、はたしてWebディレクターの将来性はどうなんだろう?

Webディレクターの将来性は最も需要が高く」「働き方も選びやすい」「年収を上げやすい」職業です。

Webディレクターの職業はAIにも代替えされなく、再現性が低い職業になる為、現在もこれからも需要が高い理由を実体験を通して、紹介しております。

⑧Webディレクターの経験が3年以上ある方は独立をおすすめします。

2016年に私は、独立を決意した時にはツテやコネがない状態で、スキルもそこまで自信がある状態ではなく、何から準備をしていいか、実際にどれぐらい稼げるか??も検討が付かない状態で挑戦をしました。その実体験を通して独立をおすすめする理由とやり方をご紹介。

フリーランスのWebディレクターの年収はどれぐらいなのか?

説明文:Webディレクターをポジション別にするとこのような金額間になります。
①Webコンサルタント:月単価 〜140万(年売上目安:〜1,680万)
②PM:月単価 80万〜100万(年売上目安:960〜1200万)
③開発ディレクター:月単価 65万〜80万(年売上目安:780〜960万)
④Webディレクター:月単価 50万〜65万(年売上目安:600〜780万)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。