Webディレクターに強い転職エージェント厳選4社【独立前提で転職すべき】

どうやって、Webディレクターの転職先を探したらいいのだろうか?Webディレクターの取り扱いが多い、エージェントはどこだろうか?Webディレクターはどれぐらい平均年収をもらっているのだろうか?出来れば、労働環境が良くスキルが身に付く企業に転職をしたい。

そんな疑問に現役Webディレクターの私が実際に活用した、Webディレクターに強い転職エージェントが4社おすすめします。自分でハローワークやネットで検索をした求人ですと、数も少なく企業の実体も分かりづらい為、必ず専門エージェントに登録して1社ずつ聞きながら転職活動する事をおすすめします。

Webディレクターに強い転職エージェント厳選4社

私も活用した、Webディレクターになる時に活用して「クリエイター専門の取り扱いが多い、おすすめの専門の転職エージェント」

マイナビ クリエイター エージェント
クリエイター専門のエージェント。私も、Webデザイナーから未経験でWebディレクターにキャリアアップする時に相談をして転職が決まった所。自分のスキル希望に合った転職先を選んでくれます。

マスメディアン
宣伝会議グループが運営しているクリエイター専門の転職エージェント。専門のコンサルタントが自分のスキル(キャリアアップ・未経験)や希望に合ったWebディレクターの会社を選んでくれます。

レバテック クリエイター
レバテック系は、IT系・Webクリエイター系の転職に強い会社で、求人数も豊富です。(私もレバテック クリエイターにて案件を紹介して頂き、参画の実績もございます)

リクルート エージェント
転職市場の最大級の会社。Webクリエイター系の案件が数百件とありますので、登録をして比較検討を行うべき。

Webディレクターが絶対に転職エージェントに登録すべき3つの理由

理由①:ハローワークやネットでの求人広告だと優良企業が見つかりにくい。

私も当初、田舎から上京した際に、転職エージェントの存在を知らない状況で、ハローワークやネットでの求人広告で探しておりました。ハローワークやネット求人広告だと、数も少なく企業の実体も分かりづらいです。

理由②:自分で探すと、月間労働時間が分からない企業(ブラック環境)が多い

自分で探すと月間残業時間が多い制作会社にあたってしまう確率も多いです。専門の転職エージェントでは、残業時間の目安を開示している企業が多い為、必ず登録する事をおすすめします。

理由③:年収の交渉がしずらい

自分で探して、内定を頂いた場合、年収の交渉がしずらいです。複数社内定を頂き、専門の転職エージェントに年収交渉をして頂けますので、必ず交渉する事をおすすめします。

転職エージェントを活用して、優良求人を探すコツ【必ず確認すべき項目】

優良求人の定義ですが、「平均年収が高く」、「残業時間が少なく」、「リモートワーク化の環境」でかつ、スキルアップがしやすい環境になります。

Webディレクターの平均年収はどれぐらいか?

正社員の平均年収は下記のような金額です。
【正社員の平均年収は498万円(月額41.5万円)】

※求人ボックスサイトの一部 抜粋記事になります。

会社によって大きく変わる為、東京都内の中央値だともっと高いと思います。中央値が平均値ですので、ここから転職や独立を行い、年収をどんどん上げていきます。

月間の残業時間はどれぐらいか?

会社によって、残業時間がとても長い会社がありますので、必ずエージェントに平均残業時間を確認しましょう。

リモートワークは可能かどうか?

会社全体として、週5日全てリモートワークを推奨している会社をおすすめします。通勤に時間がかかったり、子育ての世代ですと通勤時間が大変になる為、リモートワークをおすすめします。私もフルリモートにて、Webディレクターを続けております。

上記、3つですが、エージェントで開示されておりますので、必ず面談時にヒアリングを行いましょう。

スキルアップが出来る環境の会社を選ぶ(独立前提で転職をする)

私も正社員でWebディレクターをしておりましたが、独立をした方が年収も稼げますし、働き方も自由に選べます。会社は固定給をもらいながら、スキルアップが出来る環境と思っておりますので、独立をする前提で転職活動を行う事をおすすめします。終身雇用がない時代ですので、長く同じ会社にいてもデメリットしかありません。

独立をしやすいスキルを身に付ける。Webディレクターの独立の目安ですが、500万〜1,000万程度のプロジェクト マネジメントが出来る用になる事です。

ですので、出来るだけ大手の環境でなく、ベンチャーの環境を選んで、やる気の部分で裁量をもらえるような環境が良いです。大手ですと分業制になっている企業も多く、スキル習得まで時間がかかりますので、私の実体験上、ベンチャーの環境をおすすめします。

まとめと結論

Webディレクターで転職活動するなら、専門の転職エージェントに登録して、複数社の内定を決めるような進め方をしましょう。

Webディレクターに強い転職エージェント厳選4社

私も活用した、Webディレクターになる時に活用して「クリエイター専門の取り扱いが多い、おすすめの専門の転職エージェント」

マイナビ クリエイター エージェント
クリエイター専門のエージェント。私も、Webデザイナーから未経験でWebディレクターにキャリアアップする時に相談をして転職が決まった所。自分のスキル希望に合った転職先を選んでくれます。

マスメディアン
宣伝会議グループが運営しているクリエイター専門の転職エージェント。専門のコンサルタントが自分のスキル(キャリアアップ・未経験)や希望に合ったWebディレクターの会社を選んでくれます。

レバテック クリエイター
レバテック系は、IT系・Webクリエイター系の転職に強い会社で、求人数も豊富です。(私もレバテック クリエイターにて案件を紹介して頂き、参画の実績もございます)

リクルート エージェント
転職市場の最大級の会社。Webクリエイター系の案件が数百件とありますので、登録をして比較検討を行うべき。

こちらも合わせてどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です