未経験OKなWebディレクターの求人の探し方と転職の手順【プロが徹底解析】

未経験可能のWebディレクターの求人はあるのだろうか?どうやって、未経験からWebディレクターになったらいいのだろうか?具体的な手順を知りたい。

こういった疑問に現役Webディレクターがお答え出来ればと思います。結論として、Webディレクターは業界で不足している為、未経験からのWebディレクターの募集はあります。具体的な求人の探し方と、転職活動までの具体的な3つの手順を実体験を通してご説明致します。

この記事を書いている編集者のプロフィール


Webディレクター / マーケッター / デザイナー / 株式会社StartupMarketing 代表
東後 哲郎(とうご てつろう)

1987年宮崎県生まれ。デザイン学校を卒業後、3年Webデザイナーを経験、イギリス·オーストラリアにてデザイナーとして活動。Webデザイナーから大手上場企業の新規事業立ち上げのマーケッターに転職。マーケッターを3年経験後、2016年4月からフリーランスとして活動。 →詳しいプロフィールや経歴はこちら

「未経験可のWebディレクター」の求人の探し方

結論として、Webディレクターの未経験可の案件はあります。理由として、Webディレクターの人材不足の為、募集をしている企業が多いからです。それに、みなさん未経験から経験者になっておりますので、常に未経験でのWebディレクターの募集の求人はございます。

具体的な探し方:求人サイト「マイナビ クリエイター」での探し方

Webディレクターの求人に強いマイナビクリエイターのサイトにいき、Webディレクターの職種をクリックします。

検索条件で「Webディレクター」と「未経験」を入れて検索します。

検索結果にて未経験可の案件、育成枠・挑戦などのキーワードの求人が表示されます。

 

全体で、93件が未経験の求人数になります。多数ある為、そこから自分に合いそうな案件をピックアップする。

求人の詳細のキーワードには、業界未経験歓迎・職種未経験歓迎が含まれております。

こういった探し方でWebディレクターの未経験化の案件を探し出す事が出来ます。マイナビクリエイターだけでなく、Webディレクターに強い求人サイトは複数あります。合計すると、常時数百件はあるかと思います。

私も活用した、Webディレクターになる時に活用して「クリエイター専門の取り扱いが多い、おすすめの専門の転職エージェント」

マイナビ クリエイター エージェント
クリエイター専門のエージェント。私も、Webデザイナーから未経験でWebディレクターにキャリアアップする時に相談をして転職が決まった所。自分のスキル希望に合った転職先を選んでくれます。

マスメディアン
宣伝会議グループが運営しているクリエイター専門の転職エージェント。専門のコンサルタントが自分のスキル(キャリアアップ・未経験)や希望に合ったWebディレクターの会社を選んでくれます。

レバテック キャリア
レバテック系は、IT系・Webクリエイター系の転職に強い会社で、求人数も豊富です。(私もレバテック フリーランスにて案件を紹介して頂き、参画の実績もございます)

リクルート エージェント
転職市場の最大級の会社。Webクリエイター系の案件が数百件とありますので、登録をして比較検討を行うべき。

ノースキルの未経験からWebディレクターになるには?転職する3つの手順

未経験からWebディレクターになるまでの手順は下記3つになります。手順①Webディレクターの基礎を学習する → 手順②ポートフォリオを作る →手順③Webディレクターの取り扱いが多いエージェントに登録を行う

手順①:未経験からWebディレクターへの学習方法は「独学」か「オンラインスクール」のどちらか

学習方法①:独学→就職

書籍で学習をして独学を行う。書籍を読むだけだと、インプット飲みになりますので、実際に架空のお店のサイトや自分のブログを立ち上げる時のワイヤーやデザイン、どの様に制作過程を行ったかをポートフォリオで説明する事が大事です。下記、実際に私が多数読んだ中で、Webディレクターにおすすめの書籍一式。

学習方法②:Webのオンラインスクール→就職

Webのオンラインスクールで3ヶ月〜6ヶ月間、基礎学習をする事でWebの一通りの内容は理解出来ます。スクールで実際に作った課題をポートフォリオに入れ込むにて十分ポートフォリオになります。

前提として、Webディレクターに仕事内容と最低限必要なスキルとは??

Webディレクターの仕事は、企画・設計から様々なスキルが必要になります。具体的に必要なスキルと学習方法を書いております。

手順②Webディレクターの転職活動の為のポートフォリオを作成する

Webディレクターの転職活動では、何がどこまで出来るか?のポートフォリオの作成が必須になります。未経験ですと、実際に仕事で行ったポートフォリオがないですが、独学で自分で作ったサイトや、オンラインスクールで出た課題をポートフォリオに盛り込んで、求人に応募をしましょう。

手順③Webディレクターの未経験可があるエージェントに登録して紹介してもらう

先程のマイナビ クリエイターなどのWebディレクターの未経験可があるエージェントに登録をして、実際に紹介して頂く事が一番の近道になります。

私も活用した、Webディレクターになる時に活用して「クリエイター専門の取り扱いが多い、おすすめの専門の転職エージェント」

マイナビ クリエイター エージェント
クリエイター専門のエージェント。私も、Webデザイナーから未経験でWebディレクターにキャリアアップする時に相談をして転職が決まった所。自分のスキル希望に合った転職先を選んでくれます。

マスメディアン
宣伝会議グループが運営しているクリエイター専門の転職エージェント。専門のコンサルタントが自分のスキル(キャリアアップ・未経験)や希望に合ったWebディレクターの会社を選んでくれます。

レバテック キャリア
レバテック系は、IT系・Webクリエイター系の転職に強い会社で、求人数も豊富です。(私もレバテック フリーランスにて案件を紹介して頂き、参画の実績もございます)

リクルート エージェント
転職市場の最大級の会社。Webクリエイター系の案件が数百件とありますので、登録をして比較検討を行うべき。

まとめ

Webディレクターは未経験から募集している企業も多数ありますので、学習をして、ポートフォリオを作り、Webディレクターに強いエージェントに登録をして、求人の紹介をして進めていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。